ブータンと言えば
PA International パイツマイヤーカンパニー 衝撃吸収ダンパー内蔵クラッシュパッド XPad HONDA VFR1200 10 フレーム PA International
GOLDMEDAL ゴールドメダル スラッシュガード SUZUKI BKING フレーム GOLDMEDAL
TOURATECH ステンレスフェアリングクラッシュバー Triumph Tiger Explorer(ブラック Tiger Explorer TOURATECH(ツラーテック その他フレーム関連パー…
N008625 スポーツスター用フォワードコントロールキット クローム9103y
TOURATECH クラッシュバーエクステンション ステンレス シルバー BMW R1200RT(2014 0104751600オプショ… TOURATECH(ツラーテック その他フレーム関連パー…
0115 GL1800 ゴールドウイング用KURYAKYN(クリアキンTRANSFORMER FLOORBOARD
TOURATECH ステンレスフェアリングクラッシュバー Triumph Tiger Explorer(ブラック Tiger Explorer TOURATECH(ツラーテック その他フレーム関連パー…
RGアールアンドジー エアロクラッシュプロテクター ブラック GSX1300R HAYABUSA[ハヤブサ] 0812 RGCP0298BL RGアールアンドジー/送料無料
2輪 ケイファクトリー/KFACTORY クラッチカバー スーパーブラック ホンダ/本田/HONDA X4
TOURATECH クラッシュバー (ブラック R1200GS R1200GS TOURATECH(ツラーテック その他フレーム関連パー…
USA在庫あり 089172 013270 コブラ COBRA エンジンガード 11年14年 ストライカー XVS1300C
TOURATECH ステンレスフェアリングクラッシュバー Triumph Tiger Explorer(ブラック Tiger Explorer TOURATECH(ツラーテック その他フレーム関連パー…
TOURATECH クラッシュバーエクステンション ステンレス シルバー BMW R1200RT(2014 0104751600オプショ… TOURATECH(ツラーテック その他フレーム関連パー…
USA在庫あり 088944 040151 コブラ COBRA ライトバー 02年09年 VTX1800、VTX1300
GOLDMEDAL ゴールドメダル スラッシュガード SUZUKI GSX1400 フレーム GOLDMEDAL
GOLDMEDAL ゴールドメダル スラッシュガード SUZUKI BKING フレーム GOLDMEDAL
PA International パイツマイヤーカンパニー 衝撃吸収ダンパー内蔵クラッシュパッド XPad HONDA VFR1200 10 フレーム PA International
TOURATECH クラッシュバー (ブラック R1200GS R1200GS TOURATECH(ツラーテック その他フレーム関連パー…
GOLDMEDAL ゴールドメダル スラッシュガード SUZUKI BKING フレーム GOLDMEDAL
USA在庫あり 088944 040151 コブラ COBRA ライトバー 02年09年 VTX1800、VTX1300
(Gross National Happiness:GNH)」という独自の指標を持つ“幸せの国”として有名です。

その政策もユニークで、外国からの異文化乱入を避けるため、2000年まで個人でのインターネットの利用は許可されていませんでした。

2003年に携帯電話の販 売が開始されてか ら、ICT化が急激に進んだブータン。現在では特に検閲もなく自由にインターネットが活用できます。

ブータンテレコムが首都ティンプーの7箇所で4G回線を導入開始

ブータン国内ではブータン・テレコムの「B-Mobile」とタシ・グループ(タシ・インフォコム社)の「TashiCell」の2キャリアがあり、どちらも首都ティンプーを中心に3Gのネットワークを展開してきました。

そして先日10月24日、ブータン・テレコムがティンプーで4G(高速インターネット回線)の提供を開始したとの発表がありました。4Gが使える地域はまだ限定的であり、現在は以下の国内7箇所で4Gが活用できるそうです。

4G導入によってブータンのICT化が更に進むことは間違いありません。ブータン独自の文化を守ることができるのか、都市と地方で情報格差が広がらないか、様々な懸念はありますが、ビジネスのチャンスも広がっています。

インターネットによってブータンがどう変化していくのか、これからもチェックしていきたいと思います。